事業としてミニミニを導入した場合のメリットとは

ミニミニはフランチャイズ事業として日本全国で店舗を拡大しています。

 

今まで個人で不動産業を営んでいた方で、フランチャイズ加盟店として事業を展開しているケースが増えてきているようです。理由としては、高い集客力を誇るということが挙げられます。

 

全国規模ということもありますし、物件の検索も簡単ですので、多くの人の目に付きやすいということがあります。

 

また、料金システムやマニュアルが一定しているという事もあり、経営しやすいというのが利点と言えます。

 

経営のノウハウについても研修制度が充実しており、スタッフの育成もしやすいというのがメリットと言えます。

 

そして、入居後の方からの様々なトラブルに関しては入居安心サービスというオプションでの対応となり、専用の窓口が設けられています。

 

一般の管理会社の場合は、住環境に関するトラブルまで管理会社の担当者が対応しなければならないことが多いのですが、ミニミニの場合は、業務

がしっかりと分担されており、住環境のトラブルは専用の窓口の担当者が対応しますので、業務量のスリム化が可能となります。

 

そのため、経費を削減することができます。

 

また、法人などで社宅を管理しているところの場合は、事業としてではないのですが、社宅の管理をミニミニにアウトソーシングし、業務の効率化と経費削減が実現されているケースもあります。

 

このようにミニミニは、事業として展開する側にとっても業務の効率が実現できる上、集客ができるというメリットだらけのシステムといえます。